自己啓発で資格取得を目指す!仕事が忙しい人のための時間管理術!

自己啓発で資格を取得するためには、時間管理は重要なポイントです!

なぜなら、時間は無限にあるものではなく、誰もが平等に与えられている限りある貴重な資源だからです。

その限られた時間のなかで、自己啓発の時間を確保し、効率よく勉強できるかが、合格のカギとります。

この記事では、仕事が忙しくても自己啓発で資格を取得するための時間管理術を紹介したいと思います。

スポンサードリンク



そもそも時間管理は必要?

出典https://www.photo-ac.com/

あなたは、時間管理という言葉に対してどのようなイメージを持っていますか?

もしかすると、自由な時間が束縛されて、時間に追われているネガティブなイメージをもっているかもしれません。

しかし、わたしはネガティブなイメージではなく、『自由に使える時間を最大限確保するために、やるべきことを効率よくこなす』という、ポジティブなイメージをもっています。

そもそも、毎日仕事が忙しいうえに、家族や恋人と過ごしたり、趣味を楽しんだりと、プライベートでやりたいことはたくさんあるので、時間はあっという間に過ぎていってしまいます。

加えて、あなたは資格を取得するために勉強時間を1日のスケジュールのなかで、確保しなければならなくなりました。

何も考えずに、なりゆきで勉強していると、あなたがプライベートに使いたかった時間が無くなるだけでなく、勉強にも集中できなくなり効率も下がってしまいます。

プライベートの時間も充実させつつ集中して勉強するためにも時間管理は必要と言えます。

スポンサードリンク



試験勉強に取り組む前に受験日を決める

出典https://www.photo-ac.com/

取得したい資格によって、1年間に実施される試験の回数は違いますが、あなたの都合でいつでも受験できます。

しかし、この”いつでも受験できる”というものが少しやっかいなのです。

人は、どうしても生活のリズムを変えたくないので、「今は仕事が忙しいから、合格できる力がついてから来年受験しよう」などと、勉強しない理由を考えてしまいます。

日々の仕事が忙しいと、なおさら受験を先送りにしてしまいます。

そこで!まずは試験に申込み、受験日を決めてしまいましょう。

例えば、3ヵ月先の受験であれば、1日60分の勉強時間を確保できれば十分だと思います。

わたしは、取得したい資格は先に受験日を決めてから勉強に取り組みました。

3ヵ月あれば、あなたの都合のいいように勉強に取り組むことができます!

スポンサードリンク



暗記は3時間続けるより毎日30分6日間で覚える

出典http://www.ashinari.com/

受験日を決めたら、1日の時間の使い方を振り返り、勉強に使える時間を探します。

毎日少しでも勉強時間を確保することが理想ですが、もしかしたら土日や休日だけしか時間がとれないかもしれません。

しかし、どんなに忙しくても、「月曜日から金曜日までの平日は分刻みのスケジュールで、全然時間が取れない」ということはないと思います。

公式や用語などの暗記には、「3時間続けて暗記する」よりも、「毎日30分6日間で覚える」ほうが、ストレスなく集中して勉強できますし、記憶の定着率もアップします。

1日30分あれば、朝食時間や通勤時間、昼休み時間なども使えるのではないでしょうか。

ちなみに、わたしは毎朝6時30分に起きていたのを6時に起きるようにして、問題集の公式や用語を暗記していました。

そのような「スキマ時間」を探して、勉強時間に変えることで、時間管理の効率がアップします。

スポンサードリンク



少し余裕をもって計画を立てる

出典http://www.ashinari.com/

「自由に使える時間を最大限確保する」ことが、時間管理の目的だと言いましたが、あまりにも詰め込みすぎで余裕のない計画を立てることは避けたほうがいいです。

なぜなら、どんなに完璧な計画を立てたとしても、急な仕事が飛び込んできて残業したり、体調をくずしたりするなど、思いどおりにいかない時もあるからです。

余裕のない計画を立ててしまうと。

①計画どおりに勉強が進まない

②試験日までに勉強を終わらすことができない

③試験に合格できず資格を取得することができない

④自己啓発は意味がない

と、物事を悪い方向に考えてしまい、モチベーションが下がってしまいます。

悪循環の思考に陥らないためには、少し余裕をもった計画を立てておくといいと思います。

例えば、1日45分の勉強時間を確保したいと考えたのなら、少し余裕をもって60分から90分の時間を確保してみたらどうでしょうか。

そうすることで、残業で帰りが遅くなったとしても、その日予定していた勉強は進めることができます。

体調を崩して、勉強を進めることができない日があったとしても、余裕をもって計画を立てているので、翌日以降で巻き返すことができます。

最初に立てた計画が絶対で、そのとおりに進めないダメということはありませんので、あなたの都合で計画を随時見直すことも可能です。

その場合でも、余裕をもった計画を立てているので、見直しも容易なはずです。

逆に計画どおり45分で勉強が終われば、残りの時間は、あなたの好きなことに使ってもいいですし、気分が乗ってきて集中力が続くのであれば、そのまま勉強を進めることもできます。

そのような日を増やすことができれば、気持ちにも余裕が生まれますし、モチベーションも維持することができます。

さらに、計画どおりに進められている自分に自信が持てるでしょう。

そして、その自信はきっと、試験合格、資格取得に繋がるはずです。

このように、少し余裕をもった計画を立てることで、数々のメリットを得ることができます。

ぜひ、あなたも今回紹介した時間管理術を実践してみてください!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする