佐藤正樹(山形・糸作家)の経歴やプロフィールは?あの有名な方も佐藤繊維の服を着ていた?【逆転人生】

紡績・ニットメーカー佐藤繊維の4代目社長の佐藤正樹さんが、5月28日(金)放送予定の【逆転人生】に出演!

佐藤正樹さんは、金髪ヘアがトレードマークで、自社ブランドのニットも展開し、成果をあげているお方です。また、糸作家としてもご活躍されています。

今回は、佐藤正樹さんの経歴やプロフィール、あの有名な方も佐藤繊維の服をきていたということなので、気になったので調べてみることにしました。

興味のある方はぜひ読んでみてください!

スポンサードリンク



佐藤正樹さんのプロフィールは?

出典https://twitter.com/boxermasa/status/1393211135558438912/photo/1

【プロフィール】

名前:佐藤正樹(サトウ・マサキ)

生年月日:1966年

年齢:54歳(2021年5月現在)

出身:山形県寒河江市

高校:日大山形高校

専門学校:文化服装学院

スポンサードリンク



佐藤正樹さんの経歴は?

出典https://www.rarenippon.jp/2018/07/11/2290/

佐藤正樹さんは、文化服装学院を卒業後、すぐには佐藤繊維には入社せず、東京のアパレル業界へ就職し営業企画を経験されます。

曾祖父が興した紡績・ニット製造の佐藤繊維へ1992年に入社すると、各製造現場を学び、取締役ニット部長、専務を経て、2005年に社長就任されます。

38歳で社長に就任ですよ!

佐藤正樹さんなら、「さらに会社を発展してくれる」「会社を安心して任せられる」という、信頼と期待のあらわれですね!!

年表で見ると、こんな感じです。

1932年 
 山形県寒河江市にて初代社長/佐藤長之助により創業。

1954年 
 梳毛紡績設備を整え、2代目社長/佐藤忠雄により会社化。

1964年
 3代目社長/佐藤安男によりニット製造部門を新設し、レディスニット
ウェア
の製造を始める。

2001年
 自社ブランドスタート。「M.&KYOKO」をニューヨークにて発表。

2005年
 佐藤正樹が4代目社長に就任。

佐藤正樹さんは、

『県産業賞』

『経済産業省「ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞』

『アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン東北地区グランプリ』

など数々の賞を受賞されています!

佐藤正樹さんは、1992年に結婚すると同時に帰郷し、佐藤繊維に入社されたとのこと。

ちなみに、結婚された相手は、デザイナーの今日子さんです。

スポンサードリンク



あの有名な方も佐藤繊維の服を着ていた?

出典https://www.fashion-headline.com/article/7521/77564

実は、ある有名人が、佐藤繊維の服を着ていたのを知っていますか?

その有名人は、

アメリカ合衆国第44代大統領のバラク・オバマ大統領の奥様、

ミシェル夫人です!!

2009年1月「オバマ大統領就任式」

同じく2009年12月の「ノーベル平和授賞式」にて、

ミシェル夫人が「風雅FUUGA」のカーディガンを着用していたのです。

それまで、歴代の大統領夫人は、オーダーメイドの服を着ていたようです。

しかし、ミシェル夫人は、「大統領就任式」や「ノーベル平和賞授賞式」といった晴れの舞台でカーディガンを着ていたのです。

これはもう、佐藤正樹さん、そして佐藤繊維にとっての歴史的快挙なのではないでしょうか!

スポンサードリンク



まとめ

今回は、佐藤正樹さんの経歴やプロフィール、あの有名な方も佐藤繊維の服をきていたということについて、調べてみました。

佐藤正樹さんは、90年代アジア産の糸との価格競争で会社が苦境に陥る中、大量生産とは全く逆の自社ブランドの投入といった戦略を打ち出し、佐藤繊維を窮地から救っています。

どんな状況下においても、斬新な戦略を打ち出せるからこそ、「佐藤繊維の質の高さ」は、全世界から注目されるようになったのではないでしょうか!

私の記事を最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

スポンサードリンク



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする