ステンレスマグのデメリットは洗うのがめんどうくさい!実はラクして洗える

脱プラなどエコ意識の広がりでマイボトルが大人気だが、

一方で、使い終わった後は栓とパッキンを分解して洗うので、

「分解して洗うのがめんどうくさい」

「着け忘れやすい」

「紛失しやすい」といったストレスも・・・。

そんな中、ストレス解消に繋がった商品が

「ステンレスマグ SM-ZA」

実は栓とパッキンを一体化した業界初の「シームレスせん」なんだそう。

スポンサードリンク



 食器洗いの負担を軽くできる!

シームレスせんを採用したことにより、

分解して洗うのがめんどうくさい」

というストレスを解消し、コロナ禍で増えた日々の食器洗いの負担を少しでも軽くしたい人に支持されたそうです!

スポンサードリンク



購入者の洗い方や購入基準に変化が!

出典:https://www.zojirushi.co.jp/

これまでは、ステンレスボトルのふたを清潔に保てるように、あえて分解しやすい設計にすることが標準だったそうです。

しかし、「購入者の洗い方や購入基準が大きく変化している」ことに、象印さんは気付いたそうです。

購入者のニーズに気付いたからこそ生まれた商品なんですよね!

さすが、象印さんです!!

そこから、手入れを簡単にできるシームレスせんの開発に取り組まれたそうですが、素材の異なる栓(樹脂)と、パッキン(ゴム)は一体化が困難で、商品化までになんと5年もかかったといいます。

スポンサードリンク



まとめ

少しでも、

「負担を軽くしたい」

「楽したい」

という購入者のニーズに見事に応えた「ステンレスマグ SM-ZA」を紹介しました。

さらに、2021年2月には、ワンタッチタイプでのシームレスせんを搭載した「SM-WA」も発売されていますよ!

出典:https://www.zojirushi.co.jp/

今後も、象印さんの商品に期待したいと思います。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする