タツナミシュウイチ(マインクラフト)の経歴や年収は?結婚してる?嫁や子供は?【情熱大陸】

プロマインクラフターのタツナミシュウイチさんが、5月23日(日)放送予定の【情熱大陸】に出演!

タツナミシュウイチさんは、累計および2億本、世界で一番売れているゲーム「マインクラフト」で、生計を立てている方です。

今回は、タツナミシュウイチさんの年収や経歴、結婚生活について気になったので調べてみることにしました。

興味のある方はぜひ読んでみてください!

スポンサードリンク



タツナミシュウイチさんの経歴やプロフィールは?

出典https://twitter.com/tatsunami/photo

【プロフィール】
本名:龍波しゅういち(タツナミ・シュウイチ)
生年月日:1976年8月30日
年齢:44歳(2021年5月現在)
出身:青森県弘前市
職業:プロマインクラフター
趣味:家庭菜園、DIY

タツナミシュウイチさんは、青森県弘前市生まれ北海道札幌市育ちで、少年時代から「工作や実験、絵画や音楽、演劇などの物づくり」が得意だったようです。

北海道札幌市で映像や音楽のコンテンツ制作に従事。高等学校や専門学校で教鞭を執ったのち、2010年に上京します。

時を同じくして、マインクラフトに惹かれ映像コンテンツを制作開始し、以来ずっとマインクラフトを使い続けています。

株式会社ドワンゴ(現 カドカワ株式会社)にて、マインクラフトをはじめとする様々なゲームプロモーションの番組やイベント等のステージ制作を手掛け、声優や作詞家としてクリエイティブな活動にも従事します。

2018年1月、世界で1億人以上のユーザー数を誇るマインクラフト公式のマーケットプレイスにてDLコンテンツ「睦月城」発表し、アジアで初、日本で初のマインクラフトのプロマインクラフターとなる。

同年には、マイクロソフトによる教育者のためのコミュニティMicrosoft Educator Community(MEC)に参加し、マイクロソフト認定教育イノベーターMIEE(Microsoft Innovative Educator Expert)を拝命します。

「明治大学サービス創新研究所」や「慶應義塾大学SFC研究所」など大学の研究所では、マインクラフトの教育教材制作特別支援教育での活用を各教育機関と共同で研究も行っています。

奈良に本拠地を構え学習塾を運営するKECグループ 株式会社KEC Miriz に所属し、プログラミング教室『プロクラ』で使われているマインクラフト教材のワールドのすべてを手掛けています。

​2020年8月には、MIEE190名以上の中からマイクロソフト認定教育イノベーター
『 Programming Learning Award 』を受賞しております。

​スポンサードリンク




タツナミシュウイチさんの年収は?

出典https://twitter.com/tatsunami/status/1396033355330723842/photo/1

プロのマインクラフターとして活躍されている、タツナミシュウイチさんの年収を調べてみましたが、残念ながら公表されていませんでした・・・。

しかし、タツナミシュウイチさんは、世界遺産「アンコールワット」や「ピラミッド」など、50以上の街や建造物を制作し、公式サイトで販売し生計を立てておられる方です。

私の個人的な推測ですが、少なく見積もっても『1千万以上の年収』はあるのではないかと思っています。

この件については、年収の情報を入手次第、記事を更新したいと思います。

スポンサードリンク




タツナミシュウイチさんの結婚や家族

出典https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/2020.html

タツナミシュウイチさんは、ご結婚されていて、嫁のむっこさんとの間には2人のお子さんがいます。

むっこさんは、タツナミシュウイチさんと一緒に「マツコの知らない世界」にも出演されたことがあります。

その出演された番組を見ましたが、とても美人な方でした!一緒に笑い合っていて仲睦まじい様子を垣間見ることができました!!

また、先日、星野源さんと新垣結衣さんがご結婚された時に、むっこさんは「リアルにげはじ!リアルにげはじ!」と盛り上がっていたようです。

スポンサードリンク




まとめ

今回は、タツナミシュウイチさんの年収や経歴、結婚生活について調べてみました。

タツナミシュウイチさんは、昼夜問わず忙しくされている中でも、結婚生活も順調そうですし、充実した環境でプロのマインクラフターとして活動されているのではないでしょうか!

私の記事を最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする